「カチカチ」と音を立てる習性|スズメバチの巣を駆除するために

攻撃的で猛毒を持った蜂

蜂の巣

日本は四季があります。そのため虫は活動する時期がハッキリしています。冬に活発に活動する虫は少ないですが、春や夏に活動をする虫はとても多くいます。そのため、毎年夏になると虫が多く発生します。その中でも怖いのがスズメバチです。スズメバチは蜂に中でも猛毒を持っている蜂で、活発に活動を行う8月から9月にかけては、死傷事故が多発します。猛毒を持っているために、死亡者が出ることもあります。とても危険な存在です。
日本に生息している蜂の種類は約70種類ですが、スズメバチはその中でも最も攻撃的な性格をしています。それに加えて猛毒を持っているため、最も危険な蜂です。体長はミツバチと比べると同じ蜂とは思えないほど大きく、5倍から10倍はあるでしょう。

スズメバチは種類によっても違いますが、家の軒下や土の中に巣を作るのが一般的です。家の軒下に巣を作った場合は駆除をする業者に連絡して駆除してもらってください。決して自分で駆除しようとしないことが大切です。また、興奮すると敵の周りを飛び回り、「カチカチ」と音を立てる習性があります。この「カチカチ」という音は攻撃を始めるサインです。そのため、聞こえたら危ないのですぐに姿勢を低くして逃げましょう。急いで逃げることができない状況の場合は、背を向けずに後ずさりでゆっくりと逃げるのが得策です。何よりも大切なことは、刺激をしないように気をつけることなので、慌てて周りの物に躓いたりしないよう、慎重に行動しましょう。

刺されたら応急処置

インテリア

スズメバチは非常に猛毒を持っています。万が一刺された場合は応急処置をしましょう。体内に毒が回らないように吸い出しましょう。そして巣を発見しても刺激を与えずに、駆除する業者に連絡しましょう。

More Detail

業者に連絡する

男の人

住宅にスズメバチの巣がある場合は、すぐに駆除する必要があります。インターネットで検索するとスズメバチ駆除業者を探すことが出来るでしょう。電話連絡しましょう。業者によっては即日対応もできます。

More Detail

木酢液を使う

住宅

スズメバチの巣を自分で駆除することは、とても危険です。ですから住宅の庭に巣を作らせない環境を作ることが大事になります。スズメバチには木酢液が効果覿面です。木酢液で巣を作らせないようにしましょう。

More Detail